天使と悪魔

悪魔=空く間

先日、この文字が、ふと脳裏に浮かびました。

「えっ?どういうこと?」って感じですよね。

こういう時は、言霊・数霊を調べるに限ると思い、早速、調べてみました。

悪魔(アクマ)』を読み解くと、下記の通り。

感じ、引き寄り、需要を放出する

この場合の感じるものとは何かと言うと、どうやら、心の隙間のようですね。

心は愛でしか満たされませんが、愛が欠乏した状態が心の隙間のようです。

悪魔とは、心の隙間を感じると、忍び寄り、欲を外の世界へと放つように働きかける者

もちろん、その欲には愛はなく、我欲(エゴ)でしかありません。

この悪魔の誘いに負けると、人は、エゴを満たすために、外から何かを得ようとします

その内容は、愛、お金、地位、名誉、権力など様々です。

では、『悪魔』対する『天使』とは、何なのでしょう。

言霊・数霊を読み解くと、下記のような言葉が浮かび上がります。

放射を押し出す力を示し、離れるもの

この場合、何を放射するかと言うと、愛(光)

心の中心に鎮座する本当の自分である魂から愛のエネルギーを放射するのです。

前回の記事で言うと、日の丸の太陽から外へと愛を放つということ。

つまり、天使とは、愛を外の世界に放つように働きかける者

そして、離れるというのは、見守るという意味かもしれませんね。

天使と悪魔のどちらを選択するかは本人次第ということでしょう。

しかし、心の隙間が増えると、天使よりも悪魔の方の力が増しますからね。

エゴへと走り、それでも心は満たされず、さらに貪欲になり、周囲の迷惑は顧みず、自分本位な行動へと突き進みます。

ブレーキが利かなくなるのです。

そして、気づいた時は、心の中に愛はなくなり、空っぽ。

本当の自分である魂(神)はいなくなり、『空く間』の状態になるのです。

悪魔に魂を売る』とは、この状態を言うのではないでしょうか。

そう書いていると、突如、『餓鬼』という文字が脳裏に…。

もしかしたら、そこまで到達した人は、『餓鬼(ガキ)』になるのかもしれませんね。

我を食べる鬼と書いて、『餓鬼』。

悪魔に魂(本当の自分)を売った状態にリンクしますよね

ちなみに『餓鬼』ってなんだろうと思い、調べてみたら、仏教用語でした。

どうやら、生前、我欲(エゴ)に走った人が飢餓に生まれ変わるようです。

餓鬼』は、いつも飢えた状態のまま満たされず、約1万5000年、過ごさないといけないとか。

これは、辛いですね。姿も醜いようですよ。

そうならないためには、心を愛で満たすことが必要です。

心に悪魔が入り込む隙間を与えないのです。

と言っても、自分以外から、無理矢理、愛をもらい、埋めようとしてもダメですよ。

そうした時点で、それは、欲、我欲(エゴ)と化すでしょう。

悪魔ではなく、天使に従い、愛を外の世界に放つことが大切です。

その愛は、無償の愛

自らが外へと愛を捧げることで、愛が戻ってきて、心が満たされるのです。

今、この世が闇夜から明けるに従い、今まで闇に隠れていたものが明るみに出てきています。

その中には、素晴らしいものもあれば、そうでないものも…。

心を悪魔に支配された、おぞましい存在がいることにも気づくことになるでしょう。

でも、怖がる必要はありません。

明けない夜はありませんし、悪魔は闇でしか存在できません

それを信じ、愛を捧げ、心を愛(光)で満たしましょう

私たち一人一人が心を愛で満たし、この世を愛(光)で満たした時、悪魔は消え去るのだから。

この内容が、どなたかのお役に立てれば幸いです。