子供や動物に好かれる人の特徴

子供や動物に好かれる人はいませんか。

なぜか、自然と子供や動物が寄ってくる人はいませんか。

特に、自分から好かれようとはしないのに、子供や動物に懐かれる人がいますよね。

一緒に遊んでくれる人を好きになるのはわかります。

しかし、何もしていないのに、赤ちゃんが微笑んだり、犬が嬉しそうに、しっぽを振ったり、側で眠ったり…。不思議です。

そういう人には、どのような特徴があるのでしょう。

今まで出会った子供や動物に好かれる人の共通点を分析し、その特徴を5つご紹介します。

また、子供や動物に好かれるための方法もご紹介します。

子供や動物に好かれる人の特徴

猫と赤ちゃん

子供や動物に好かれる人には、どのような特徴があるのでしょう。

子供や動物に好かれる人の特徴をご紹介します。男性・女性問わず、共通した内容です。

1.ピュア

子供や動物に好かれる人には、まず、『ピュア』という特徴があります。

子供や動物に好かれる人は、邪心がなく、大人になっても、少年や少女のような無邪気さを持った、天真爛漫な人が多いです。

子供や動物もピュアで、天真爛漫です。
「類は友を呼ぶ」です。自然と、自分たちと同じような気質の人に惹かれるのです。

また、子供や動物は、邪気がないため、オーラに敏感です。
オーラで、違和感なく接触できる、自分たちに近い存在を判断しているのです。

2.優しい

子供や動物に好かれる人には、『優しい』という特徴もあります。

動物は、本来、生存競争の厳しい自然界で、生き延びていかなければなりません。

また、人間の赤ちゃんや小さな子供は、誰かが愛情を注ぎ、大切に育てなければ、生きていくのは困難です。

子供や動物は、無意識のうちに、身の危険を感じない、愛情豊かな優しい人を、相手のオーラや表情から、読み取っているのです。

オーラを変えることは難しいですが、表情に気をつけることで、子供や動物に懐かれるようになるかもしれません。

3.芯がしっかりしている

子供や動物に好かれる人には、『芯がしっかりしている』という特徴もあります。

優しいだけでは、弱い存在を守ることはできません。

どんな状況においても、適切な判断ができる芯が強さが必要です。

子供や動物は、優しいと同時に、強さを秘めた人に安心感を抱きます。
穏やかさの中に芯がある人が好きなのです。

そういう人を見つけると、安心して、身を寄せようとします。

4.落ち着いている

子供や動物に好かれる人の特徴に、『落ち着いている』というのもあります。

子供や動物好きな人は、赤ちゃん、犬、猫がいたりすると、積極的に、目を合わせて話しかけたり、ナデナデしたり、抱っこするなどして、触ろうとします。

しかし、そう言う人よりは、意外と、何もしない人に、赤ちゃんや動物は興味を持ちませんか。じっと見つめたり、自ら寄っていくことが多くありませんか。

これは、警戒心に関わります。

愛情を持って接しているつもりでも、動物や子供、特に、赤ちゃんにとっては、見ず知らずの自分よりも大きなものは、怖いものとして映ります。

大人でも、知らない人に、いきなり、そういう行動をされると、身の危険を感じますよね。

ゆったりと構え、一定の距離を保ってくれている人の方に好感を持ちます。

5.人に好かれる

子供や動物に好かれる人は、もともと、『人に好かれる』が多いです。
子供や動物だけでなく、大人からも好かれます。

好かれる人は、年齢や種別を超えて愛されます。

大人は、外見や言葉など表面的なことに惑わされます。
しかし、子供や動物は、一瞬で、人の本質を見抜きます。初対面で、人間性がわかるのです。

中には、大人には好かれなくても、子供や動物に懐かれる人もいます。
こういう人は、外見や日頃の言動から、誤解されているのかもしれませんね。

子供や動物に好かれる方法

猫に嫌われる人

では、子供や動物に好かれるには、どうしたらよいのでしょうか。
それは、上記のような特徴を備える必要があります。

しかし、長年、身に付いた人間性というものは、なかなか変われるものではありません。

努力しつつも、まずは、子供や動物に好かれよう、懐かれようと、むやみに、見つめたり触ったりしないようにしましょう。

特に、動物にとっては、じっと目線を合わせるのは、威嚇、攻撃とも受け取られます。

また、表情にも気をつけましょう
しかめっ面や、怒ったような顔は避けられます。笑顔や優しい表情を浮かべましょう。

さり気ないコミュケーションで、警戒心を解きながら、距離を縮めた方がよいかと思います。

いかがでしょうか。以上が、子供や動物に好かれる人の特徴と好かれる方法です。

参考にしていただければ幸いです。