鳥のように、もっと自由に生きたい男性

「もっと自由に生きたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。

窮屈な人生に、嫌気が差してはいませんか?

「毎日、辛いことばかり…」、「つまらない人生と変えるにはどうしたらよいのだろう」と悩んでいませんか?

世の中の常識、親からの期待や要求、学校や職場や社会のルールや縛り、お金や家族による自由の制限など、現代社会には、個人の行動や人生を制限したり、束縛するものが多くあります。

私達は、もっと自由に生きることはできないのでしょうか?

あきらめて、流されるままに生きて、人生の最後に後悔しないでしょうか?

そんな疑問をお持ちの方のために、もっと自由に生きる方法をご紹介します。

もっと自由に生きる方法

自由になりたい女性

管理された社会、制限された環境で、自由を得るのは難しいことです。

だからといって、あきらめては、何も変わりません。

自由に生きるためにはどうしたらよいか、意識し、行動することで、人生は変わり始めます。

しかし、具体的に、何を意識すればよいか、わからない方もいるかと思います。

そういう方のために、もっと自由に生きる7つの方法をご紹介します。

1.情報を鵜呑みにしない

自由に生きる一つ目の方法は、『情報を鵜呑みにしない』です。

あなたは、世間の常識や誰かの言葉を鵜呑みにしていませんか?

テレビのニュースや専門家の話、新聞記事、ネットの記事、先生や親の言葉など、あらゆる情報を一方的に受け入れていませんか?

情報がすべて正しいとは限りません。
また、誰かにとっては正しくても、自分にとっては間違いである情報もあります。

情報には、洗脳する力があります。個人の価値観や行動に影響を与えます。

情報に踊らされ、自由を失わないようにしましょう。

2.自ら作った枠を取る

自由に生きる二つ目の方法は、『自ら作った枠を取る』です。

窮屈な人生は、社会や誰かのせいだと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、案外と、自分で自分を小さな世界に閉じ込め、自由を失っている場合も多いものです。

「自分にできるわけない」、「お金がない」、「時間がない」、「変な目で見られる」など、言い訳や思い込みで、自分を殻の中に閉じ込めていませんか?

勇気を出せば、または、工夫をすれば、手に入る自由はありませんか?

慣れた環境や管理された環境、周囲と同じことすることは、心配も少なく安心感があります。

しかし、それと引き換えに自由を失っていませんか?

自ら作った制限を取っ払って、自由になりませんか?

3.自分で判断・決断する

自由に生きるには、『自分で判断・決断する』ことも必要です。

物事を選択する時に、人任せにしたり、流れに流されるままにしては、自由を手にすることは困難です。

また、自分で判断・決断することに慣れていないと、例え、自由を手にしても、自由を持て余し、何をしたらよいのかわからない人間になります。

それでは、ずっと、誰かの指示通りに動く操り人形になります。

日常生活における些細な選択ならよいですが、人生に関わる重要な選択は、自分で判断し決断するようにしましょう。

また、重要な選択を適切に判断・決断をするには、日頃から自分で判断・決断することに慣れると共に、自信をつけることも必要です。

なお、判断・決断する際には、頭で考えるよりも、心を重視する方が後悔することが少ないでしょう。

4.自由を奪うものに屈しない

自由に生きるには、『自由を奪うものに屈しない』姿勢も必要です。

人間関係を円滑にするには、譲り合いも必要です。
また、自由を盾に、我儘を通したり、身勝手な行動をするのも、問題です。

しかし、人生には、譲ってはいけないものもあります。

ここぞっという時に、権力や圧力、暴力に屈しない強い心を持つことも、自由に生きるには必要です。

その際に、面と向かって歯向かったり、攻撃しては、抵抗されるだけです。

ものも言いようです。相手の気分を損ねないような話術を身に付けましょう。

また、相手を説得するには、口だけでなく、行動で示すことも大切です。

5.想像力や創造力を養う

自由に生きるためには、『想像力や創造力を養う』ことも必要です。

自由に生きるには、何もないゼロの状態から、自由に想像し、思い通りに実現する創造力が必要になります。

そのためには、様々な経験が必要です。
一つでも多くの経験をし、人生の糧にしましょう。

また、時代の流れを読んだり、シンクロニティ(意味のある偶然)を見逃さないことも大切です。

流れを読み、経験を活かして、自分らしい人生を築きましょう。

6.自分の行動に責任を持つ

自由に生きるには、『自分の行動に責任を持つ』ことも必要です。

自ら選択したもの、人生に、不満や困難があろうと、自分が選択した結果によるものです。

人のせいにしたり、責任を押し付けたりせず、不満や困難に向き合いましょう。

特に、人生に関わる大きな選択ほど、壁にぶち当たることも多いでしょう。

そこで諦めると、もとの自由のない世界に戻ります。

忍耐力、情報収集力、分析力、アイデア力、行動力などを高め、不満や困難に打ち勝ちましょう。

すんなり成功した場合よりも、苦労した末の成功の方が喜ぶを大きいでしょう。

7.信頼できる仲間を持つ

自由に生きるには、『信頼できる仲間を持つ』ことも必要です。

自分一人ではできないことも、仲間と力を合わせることで、できることもあります。

また、自分一人でするよりも、ずっと早く、そして、より良いものになることも多いでしょう。

人間は、一人では生きていけません。持ちつ持たれつです。

自分のできること、得意なことを活かし、繋がりましょう。

また、その際、相手での思いやりや感謝の心を持つことが大切です。

いかがでしょうか。以上が、もっと自由に生きるための7つの方法です。

窮屈な人生に嫌気が差している方に、少しでもお役に立てれば幸いです。

自由を得るには、責任も伴います。困難に立ち向かう勇気や対応力も必要です。

しかし、安泰な人生、楽な人生では得られないものが得られます。

自分で作った堅い殻を破り、もっと自由に生きてみませんか。

サナギの殻を脱ぎ捨てた蝶のように、大空を飛ぶ鳥のように、もっと人生を自由に生きてみませんか。