真心の先の喜び・幸せ

先日、知人の相談に乗りました。

その知人は、夢を実現するために、必死に頑張っています。

しかし、上手くいきません。

信用していた人に裏切られたり、同業者から意地悪をされたり、変な噂を流されたり…。

挙句の果てのは、それが原因で借金を背負う羽目に陥り、裁判所から差し押さえの通知が…。

昔からの知り合いだし、味方になってあげたい。助けてあげたい。

でも、お金を肩代わりする余裕はないし、安易に差し出すのも、なんか違う気がする。

こうなったのも、明かに、自業自得な感じが否めない。

ひいき目で見ていた私ですら、最近、目に余る態度に不信感を抱いていたのだから…。

しかし、どうしたらよいやら…。

そう、悩んでいた時に、ふとメッセージが降りてきました。

どなたかのお役に立てたらと思い、その内容をシェアさせていただきます。

現状を変えるには、人の真心(愛)に感謝し、それを表すこと。
そして、自分の言動に真心を込めること。

自分が成し遂げたいことにも、その協力者にも感謝し、それを表しなさい。
そして、真心を込めて接しなさい。

そうすれば、それに見合う現実が現れるでしょう。

あなたの不幸は、人の真心を受け取ってばかりであることが原因。

受け取った真心に対し、それに見合う真心を返していますか。
真心とは反するものを返していませんか。

今までの言動を見つめ直しなさい。

そして、自分に非があったのなら、それを認め、相手に心を込めて謝りなさい。

真心は循環させてこそ、戻ってくるもの。

もらうだけで返すことを怠ると、いずれ、不足分が真心と反するものとなって現れる。

バランスを取ろうとする力が働くのです。

それは、一見、不幸な不幸な出来事として映るかもしれません。

しかし、それも、神の真心(愛)です。

あなたに気づきを与え、改める機会を与えているのです。

自分が取るべき責任を他人に肩代わりしてもらうことは、さらに、真心をもらうこと。

返すべき、循環すべき、真心をさらに溜め込むことです。

それに気づかす、もらい続けると、雪だるま式に、望まない現実が現れることでしょう。

現状を変えるには、人の真心(愛)に感謝し、それを表すこと。
そして、自分の言動に真心を込めること。

自分だけじゃない。誰もが現実の中で必死に生きている。

自分の人生を歩んでいる。

もっと、相手の立場、状況、想いを想像する視点を持ちなさい。

想像しても、わからないのなら、本人に聞くのです。

そして、自分のために、真心を捧げてくれたことに感謝しなさい。

時間、労力、お金、人、意見など、様々なカタチの真心を、ありがたく思うのです。

それは、もらって当たり前のことではありません。

それを当たり前だと思う心は、傲りを生み、不満、怒りを生みます。

そして、それが態度に現れ、周囲にも不満、怒りが伝染します。

不満、怒りが限界まで達すると、あなたを支えようとした人の心は離れていくでしょう。

真心に感謝し、それを表しなさい。

心に秘めていては伝わりません。伝えるのです。

そして、真心には真心を返すのです。

そうすれば、真心が様々なカタチになって返ってくるでしょう。

それは、誰かの言葉かもしれないし、お金かもしれない。喜ぶべき出来事かもしれない。

どういうカタチにしろ、必ずや、あなたの現実に真心が戻ってくるでしょう。

あなたの真心が周囲の喜びや幸せとなり、回り回って、あなたのもとに戻ってくるのです。

真心を受け取ったら、それに感謝し、次へと送り出しなさい。

受け取らなくても、自分から真心を送り出しなさい。

与えよ、さらば与えられん

この言葉を胸に、事に当たりなさい。

夢を実現したいのなら、賞賛、お金、名誉など、私欲を求めるのではなく、真心を与えることを起点としなさい。

どんなカタチの真心を与えることができるのか

そういう視点から、事に当たるのです。

日本は、和の国、調和の国。

それは、各々が自立しながらも、互いを応援することで繋がる輪(和)の国。

その応援に無理は必要ありません。自分にできることを無理せずに与える。

そうしてできた輪(和)が、大和です。

一方的にもらうだけでは繋がらない。

次に渡してこそ、繋がる輪。

そして、できた輪を巡って、自分が送ったものが戻ってくるのです。

真心は、感謝し、循環させてこそ、喜びや幸せとなって戻ってくるもの。

真心は喜び・幸せの源であり、種なのです。

真心の種を撒き、喜び・幸せの花を咲かせなさい。

そして、皆が真心の絆で繋がれば、あなたの住む世界は、喜びや幸せに満ちることでしょう。

夢を実現するために、一生懸命、頑張っているけど、上手くいかない。

そういう時は、周囲の真心に感謝しているか。真心を送り出しているか。

そういう視点で、自分を見直すことも必要かもしれません。

もちろん、それ以外の原因もありますけどね。

縁あって、この文章を目にした方が、喜びや幸せに満ちた人生を送れるよう祈っています。