新元号『令和』になって、早三ヶ月。
皆さまは、令和に、どのような印象をお持ちでしょうか?

特に、何も感じず、平成と変わらないですか?

私は、令和になって、流れが変わってきたと感じています。

正直言って、私は、新元号が発表された時に、あまりいい印象を持ちませんでした。

それは、『令和』という漢字に引っかかったからです。
『れいわ』という響きは、穏やかな感じがして好きなんですけどね。

というのも、『和』は、互いに繋がり助け合う、温かい横社会をイメージするのに対し、『令』は、支配階級が一方的に命令しているような、冷たい縦社会をイメージがしたからです。

それも、『和』の上に『令』があるので、より一層、上に立つ者が下にいる者を押さえつけているようですし、『和』を否定しているような感じにも受け取られたからです。

しかし、令和の時代を三ヶ月過ごしてみて感じたのは、『和』の世界が始まったということ。

正しくは、和の世界が復活したと表現した方が正しいのでしょう。

令和の『令』は、この世を牛耳っている支配階級の命令ではなく、もっと、はるか上の存在。
天からの「和せよ」という号令だった、それが真意であり神意であったと、今は感じています。

宇宙の女神

その号令により、時代の流れが逆回転し始め、心の奥底にしまい込んだ『大和魂』が、深い眠りから目覚め出したと感じます。

しかし、その逆回転は、単なる逆回転ではありません。
逆回転しながら上昇しているようなイメージを受けます。

はるか昔に存在した『大和』に戻るのではなく、戻りながらも、よりよいものへと高める必要があるのでしょう。

逆回転しながら上昇する渦

そして、それに合わせ、良くも悪くも、今まで隠されていたものが表に出てきているようです。

その兆候は、数年前から始まっているのかもしれません。

昨今の芸能界のゴタゴタも、その一つと言えるでしょう。

皆さまの中には、ここ数年で、今までの生き方を見直し、無理のない、自分らしい生き方へと再出発を始めている方も多いのではないでしょうか。

それは、これからの時代にそった自然な流れです。

もちろん、今までの世の中や生き方がよい方は、今まで通りでよいでしょう。

しかし、違和感がある方は、直感・ひらめき・心の反応を頼りに、自分の納得のいく方向に、自分で舵を切る時です。

そして、その際、シンクロニティ(意味のある偶然の一致)を見逃さないようにしましょう。

方向転換できる時間も、そんなに多くは残っていないように感じます。

これからは、個も時代。
互いに自立しながらも、繋がり合って支え合う『和』の時代です。

日本では、和を乱すことを嫌う傾向にあります。

しかし、『和』とは、皆が同じように行動することを強いることでもないし、空気を読んで、自分を抑えることでもありません。支配することでも依存することでもありません。

互いを認め合い、尊重し、その上で、無理せず、自分ができることを相手に提供し、繋がることではないでしょうか。

それも、私利私欲、損得勘定といった邪心からではなく、見返りを求めない真心で繋がることを意味すると感じます。

あなたの目の前に現れた、困っている人や頑張っている人を心から応援する

その応援が、回りまわって、自分への応援となり、本来、進むべき道=使命へと繋がります。

それは、あなたが望んでいたことでもあり、あなたの才能や経験を活かす機会となります。

互いに応援し高め合う。そうやって、できた繋がりの和が、『大和』であると思うのです。

この8月から、和、そして、大和への流れは、ますます加速すると感じます。

最初は、あなたの周りだけの小さな和かもしれません。

しかし、その小さな和がどんどんと繋がり、やがて大きな和となります。

それは、岩から染み出た水が、小さな川となり、大河となり、やがて海となるように、あなたの希望や世界は広がります。

それと同時に、世の中も、悲しみや争いのない平和な世界へと変わるでしょう。

そのための一歩を踏み出しませんか。

すでに、踏み出している方は、自信を持って、その道を進みましょう。

令和になって、三ヶ月。
最近、私が感じたことを一人でも多くの人にシェアしたくて、ブログの記事にしてみました。

縁あって、このページに訪れた方に、少しでもお役に立てたら幸いです。