通勤電車の車内イメージ

あなたは、通勤時間をどのように過ごしていますか?電車やバスの中でよく見かける、携帯いじり、睡眠、読書、新聞を読む、勉強をする、音楽を聴くといったところでしょうか。
そういったよく見かけるものではなく、道具もいらず簡単にできる、それでいて、幸せを呼ぶ「通勤時間の有意義な過ごし方」を5つご紹介します。
時間を持て余したり、すし詰め状態だったり、会社に行くことを思うと憂鬱になったり、また、会社帰りには、その日あった腹立つことを思い出してイライラしたりと、何かと不快な思いをする通勤時間をより有意義な時間にしていただければと思います。よかったら、お試しください。
 

 

<>■通勤時間の有意義な過ごし方

①イメージトレーニング

まず、オススメするのが、イメージトレーニングです。
イメージする内容は、自分が望むものであれば、何でもよいかと思います。朝の通勤なら、今日一日のスケージュールがスムーズに進むようにイメージしてもよいし、その中の「これは!」と思う場面をイメージしてもよいかもしれません。また、終業後ならば、これからの家でのことや、寄り道先のことをイメージしてもよいかと思います。その際、漠然としたものよりは、より具体的にイメージすることをオススメします。
イメージトレーニングにより、成功率が高まるという効果があります。

 

②目に入ったものに注意する

あなたは、普段、目に入るものを意識して見ていますか?電車の中の吊り広告だったり、壁にあるポスターだったり、前の人が読んでいる新聞の文字だったり…。なんとなく、無意識に過ごしてはいませんか?
実は、この偶然、目に入ったものに、自分にとっては大切なメッセージがあることがあります。特に、何度も同じようなものを見る時は要注意です。
これは「シンクロニティ(意味のある偶然の一致)」というものですが、それに気づき、活かすことで、幸運へとつながる可能性が高まります。

 

③聞こえるものに注意する

どうしても、目に入るものに意識が行き、音の方は、あまり意識が向かない人も多いのではないでしょうか。通勤時間だと、電車や車の音など、騒音は嫌でも耳に入りますが、普段、見逃している小さな音はありませんか?
好きな音楽を聴きながら、快適に仕事に向かうのもよいことだと思いますが、時には、今、聞こえる音に注意してみましょう。
目を閉じて、近くの大きな音から遠くの小さな音まで意識してみると、今まで聞き逃していた音はありませんか?また、いつも同じルートでも、毎日、聞いていると、いつも聞こえる音とその日だけ聞こえる音があることに気づくと思います。その中に、先程のシンクロニシティが隠れていることもありますし、音に集中することで、ネガティブな思考などが止まり、リラックスできたりします。

 

④人間観察をする

あなたの前にいる人、横にいる人、遠くに見える人などを、ただ漠然と見るのではなく、服装や持ち物、髪型、会話の内容、周囲の人に対する対応の仕方などに注意していると、いろいろと得ることがあるものです。
単純に「このファッション素敵だなぁ」とか「この髪型いいなぁ」といった美的センスなども参考になりますが、「この年代にはこういったものが流行っているのか」、「こういう人は、こういうことに興味を持つのか」など、特に、企画関係のお仕事をされている人などには、マーティング調査にもなったり、思わぬアイディアが浮かぶなどして、お仕事にも役立ちます。そうでなくとも、立ち振る舞いなどから社会勉強になることも多くあります。目の前にあるものから、貪欲に吸収しましょう。

 

⑤楽しいプランを練る

不快な時間になりやすい通勤時間を楽しくするには、楽しいプランを練ることをオススメします。その日の仕事が終わってからのことでも良いですし、土日などのお休みの日の過ごし方でもよいかと思います。または、長期休暇に遠出するプランでもよいかと思います。はたまた、夢を実現させるためのプランでもよいかもしれません。
できるできないにはこだわらず、アレコレ自分が好きなように空想すると楽しいですよ。長い道のりも、短く感じることも多々あります。
 

 
いかがでしょうか。
特に費用や手間もかかりませんし、騙されたと思って、ぜひ、試してください。
あなたの毎日が、より幸せなものになることを願っています。