本当の自分に戻りたい女性

「本当の自分がわからない」という人も多いのではないでしょうか。

いつも自分以外を重視し、自分の心を無視し続けると、本当の自分がわからなくなります。

そして、「本当の自分」、「ありのままの自分」から離れると、人は苦しくなります。

生きることに希望が持てず、自分に価値がないように思います。

物質的には豊かな現代で、うつ病や自殺が少なくないのは、自分が自分でないことが原因です。

この世に価値のない人間などいません。気づいていないだけです。

自分の価値は、本当の自分に戻ることで発揮されます。

本当の自分に戻るには、ありのままに生きるには、どうすればよいのでしょうか。

本当の自分に戻る方法をご紹介します。

本当の自分に戻る方法

本当の自分に戻ることを願う男性

本当の自分がわからない。だから、見つけたいし、戻りたい。

その希望を叶えるには、自分自身に向き合うことが大切です。
そして、今までの生き方を見直すことが必要です。

では、具体的には、どうすればよいのでしょうか。

本当の自分に戻るための方法を5つご紹介します。

1.自分を知る

まず、本当の自分に戻る方法の一つ目は、『自分を知る』です。

「本当の自分がわからない」という人は、勿論のこと、「自分のことは、自分が一番わかっている。」と思っている人も、意外と、わかっていないのが、本当の自分です。

では、どうすれば、自分を知ることができるでしょうか。
具体的な方法は、下記、記事をご覧ください。

本当の自分に戻るには、自分を知ることは不可欠です。

2.情報を取捨選択する

本当の自分に戻る方法として、『情報を取捨選択する』というのもあります。

あなたは、常識や、人の話、TVでの情報など、あらゆる情報を、鵜呑みにしていませんか。

すべての情報が正しいとは限りません。
また、ある人にとっては正しくても、自分にとっては、正しくない情報もあります。

その情報は、自分にとって必要な情報か、自分にとって正しいのか、取捨選択しましょう。

といっても、それを判断するのは、難しいですよね。

それには、それに対し、あるゆる角度から情報を収集しましょう。
一つの情報を真に受けるのは危険です。

様々な情報から、ピンとくるもの、腑に落ちるものに注目しましょう。
頭で考えるのではなく、心に感じるもの、響くものを優先しましょう。

シンクロニティ(意味のある偶然の一致)に敏感になることも大切です。

シンクロニティは、天からのメッセージです。
何度も起きること、タイミングよく起きることに、注意を払いましょう。

3.競わない

本当の自分に戻るには、人と『競わない』ことも大切です。

人は、他者がいることで、自分を知ることができます。

相手と自分の違いを知ることで、自分がどういう存在なのかを把握することができます。

しかし、他人と自分を比べては、一喜一憂するのはよくありません。
相手に負けているかと言って、必ず、勝つ必要はありません。

バラにはバラ、タンポポにはタンポポの良さがあるように、人に優劣はありません。
特徴が違うだけです。

自分の特徴を知り、お気に入りの特徴を、世のため、人のために、活かしましょう。

4.付き合う人を選ぶ

付き合う人を選ぶ』ことも、本当の自分に戻る方法の一つです。

学校では、みんなと仲良くしなさいと教えられます。

しかし、人には、合う人と合わない人がいます。

それを無理して合わせようとすると、自分が自分でいられなくなります。

長年、自分以外を演じていると、自分で自分がわからなくなります。

話が合わない、心が通じない相手とは、極力、距離を取りましょう。

家族や、職場の上司、同僚など、どうしても、顔を合わし、話をしないといけない相手でも、必要最小限の接触にとどめましょう。

ホッとする、話をしていて楽しい相手と、なるべく多くいましょう。
そうすると、本当の自分でいられます。

5.自分の心に従う

本当の自分に戻るには、『自分の心に従う』ことが必要です。

自分の心、感情を大切にすることが大切です。

頭は、常識や世間体、安定性といった、自分の心とは違うものを軸に、物事を判断します。

その結果、心と裏腹なことを言ったり、したりすることになります。

心が欲するものと行い、気乗りしないものはしない。
自分の心に素直になりましょう。

誰かに迷惑をかけない限り、心に従うようにしましょう。

心がワクワクするもの、ホッとするもの、元気・やる気が出るものを選択しましょう。

できそうにないものは、無理せず、できることからしていきましょう。

いかがでしょうか。以上が、ありのままに生きるために、本当の自分に戻る方法です。

人生の目的・使命というものがあるのならば、それを果たすには、本当の自分に戻り、それを活かすことが必要かと思います。

一人一人が、自分の個性、特技を生かし、お互いを認め合う世の中を目指したいものです。

生きる喜び、世の中の平和を味わうには、各人が自分に戻ることが不可欠にように思います。