認め合う二人のビジネスマン

自分を認めるのも難しいですが、嫌いな相手を認めるのも難しいですよね。
でも、どちらを優先するべきかと言えば、まずは、自分を認めることが大切だと思います。
自分を認めていない人は、他の人を素直に認めることは難しいからです。

ところで、話が飛びますが、「主成分分析」という統計手法をご存知でしょうか?
1901年にイギリスの数理統計学者のカール・ピアソンによって開発された多変量解析の手法の1つです。これは、何をするものかと言うと、複雑なものを要約するためのツールです。

仕事で、統計を学ぶ機会が結構あったのですが、その中で、主成分分析を知った時は、いたく感動しました!…と言っても、統計手法として感動したのではなく、この考え方は、自分や他の人、また、世の中を理解するのにも使えそうと思ったからです。
何が何だかよくわからないと思いますので、順を追って説明したいと思います。
 

 

2つの長方形をグラフにしよう

例えば、x軸を幅、y軸を高さとして、幅が5㎝、高さが3㎝の長方形を2軸のグラフに表すとどうなりますか?同様に、幅が2㎝、高さが4㎝の長方形の場合は、いかがでしょうか?
 
長方形を示すグラフ
上のグラフのようになるかと思います。簡単ですね。

 

リンゴとバナナをグラフにしよう

では、リンゴとバナナをグラフに表すとどうなりますか?
そう言われても、困りますよね。リンゴとバナナには、いろいろな要素がありますし、それぞれの要素に対する値もわからないとグラフは書けません。
では、糖度と硬さに注目し、x軸を糖度、y軸を硬さにすると、いかがでしょうか?
これだと、糖度、硬さの値があれば、グラフにできるかと思います。
しかし、糖度と硬さの2つの軸だけでは、糖度や硬さに興味のない人にとっては、意味のないグラフですし、リンゴとバナナの全体像を表しているわけではありません。
リンゴとバナナの全体像を表そうとすると、色や形、味、価格、傷みやすさを表す軸など、他にも、もっとたくさんの軸が必要です。しかし、これをにグラフにするのは難しいですし、読み取るのも至難の業です。

 

主成分分析のあらまし

そこで、登場するのが主成分分析です。
ある複数の情報(軸と値)を持ったデータがあり、それをグラフにすると、下のような雲のような塊になったとします。(軸は様々な方向に複数ありますが、省略。塊は、奥行きのある立体的なものとイメージしてください)
 
情報の雲イメージ
このままの状態で、このグラフを読み取るのは難しいので、主成分分析では、一番、情報量の多い断面を見て、情報を読み取るという方法を取ります。
つまり、先程の長方形のグラフのように、2軸の平面のグラフにして、データを読み取ります。
具体的には、一番、情報量の多い(バラツキが大きい)所に軸(第1主成分)を取り、その軸と垂直に交わる所に、2つ目の軸(第2主成分)を取ります。
イメージするとすれば、キュウリを情報の塊として、中の種の部分をデータとします。このキュウリから多くの種を見ようとしたら、縦方向に輪切りするといいですよね。その輪切りした断面の縦方向と横方向に軸を取り、それぞれの種の位置を見ようとしているという感じです。
(わかったでしょうか?うまく説明できてないかもしれませんが、ご勘弁を…。)
 
主成分分析の第1主成分・第2主成分のイメー
そうして、できた2軸のグラフのデータを読み取ります。そこに、例えば、先程のリンゴとバナナを示すデータもあったとすれば、その2つの軸を頼りにリンゴとバナナがどういうものか、概要を読み取ることができます。(ちなみに、2つの軸が何を示しているかは、軸の周りにプロットされいるデータを元に推測します。)
 
主成分分析の結果イメージ
また、グラフの見方ですが、近い位置にあるものは似ているということになります。
そして、この2つの軸は、気に入らなければ、他の軸に変更することも可能です。つまり、自分が見たい断面から、その情報を見れるということです。

 
これって、すごくないですか?
この考え方を人間に置き換えてみると、私たち人間は、自分という無数の情報を持った存在を自分が知っている情報(知識・経験など)をもとに無意識に軸を取り、あるいは、自分が見たい軸で見ていると言えないでしょうか?
これは、他の人を見る場合にも同様です。…とすれば、情報量(知識・経験など)を増やしたり、見る軸(視点・角度)を変えれば、見えるものも変わるということです。

また、位置が近いほど、似た者同士というのは、”類は友を呼ぶ”という諺を表しているように思えます。似た者同士は、同じような軸で、同じような位置におり、同じような景色を見ているので理解しやすいのでしょうね。
では、真逆の位置にいる人は、どうでしょうか?
同じ軸の同じ平面上にはいますが、対角線上にいるので、見えにくい(理解しにくい)といったところでしょうか?物事を同じ角度で真逆の方から見ているので、自分の位置をプラス(正)にすれば、相手がマイナス(悪)になりますが、相手からすると反対ということになります。
見方によって正解は異なるということを表しているように感じます。
 
主成分分析に見る人間関係
 
これを人間ではなく、世の中に置き換えても、情報量(知識・経験など)や見る軸(視点・角度)が変われば、見る世界が変わるということかもしれませんね。
よく、パラレルワールドは存在するといった話を聞いたことがありますが、そうかもしれません。私たちは、無数にある世界から無意識のうちに一つの世界を選択し、その世界を見ているのかもしれません。自分が見ている世界が気に入らなければ、情報量(知識・経験など)を増やしたり、意識的に、見る視点・角度を変えるとよいのかもしれません。そういう意味では、私たちは、無限の可能性を持った存在かもしれませんね。

今、自分を認められない方、また、他の人を認められない方は、見える現実を変えるために、自分や相手に対する情報量(知識・経験など)を増やしてみませんか?また、今までとは違った軸(視点・角度)から、自分や相手を見てみませんか?何か、新しい発見があり、自分や相手を認めたり、許すことができるかもしれません。
もし、よかったら、この考え方をご活用ください。