気づきを得て、悟りを開く人

気づきを得る』、また、『悟りを開く』とは、どういうことなのでしょうか?

どういう違いがあるのでしょうか?

普段、何気なく、耳にしたり、使っている言葉ですが、改めて考えてみると、よくわからない方も多いのではないでしょうか。

辞書で意味を調べてみると、下記のような内容が書かれています。

気づきとは、『見落としていたことや問題点に気づくこと

悟りとは、『物事の真の意味を知ること』、また、仏教では、『永遠の真理を会得すること

なんか、わかったようでわからない感じですよね。

気づき、悟りとは、いったい、何を知ることなのでしょう。

私は、宗教には興味はないですし、勉強もしたことはありません。

しかし、ある日、私は、ハッと気づいたことがあります。

すべてのことは繋がっている』と。

何が繋がっていると思ったかというと、不思議な出来事です。

突然、見えたり、聞こえたり、浮かんだこと、頻繁に起こるシンクロニティ(意味のある偶然の一致)、何度も見る夢、印象深い夢 etc. …。

今まで起きた様々な不思議な出来事が、一つのことに繋がっていると気づいたのです。

「これは、どういうこと?」

疑問に思った私は、いったい、どこまで繋がっているのかを知りたくなりました。

そして、名前、誕生日、誕生地、今までの居住地など、自分に関わることを調べました。

結果、わかったことは、やはり、すべて繋がっているということ。

それからは、ますます不思議な出来事が起き、さらに気づきは拡大。

自分の人生に起きたことや、自分の好き嫌いや得意不得意も偶然ではないことを知りました。

そして、歴史や宗教は、興味ないどころか、嫌悪感を持っていたのにも関わらず、それについて、調べるように、また、勉強するように促されました。

必要とあらば、知らない土地を旅し、歴史的建造物を見たり、その土地の人に話を聞いたり…。

不思議な出来事に導かれるままに身を委ねていったら、いつのまにか、その気づきの内容は、自分、他人、日本、世界、地球、宇宙へと拡大していきました。

そして、ある日、あることに気づきました。

この一連の気づきの作業には、一定の法則というかパターンがあると。

一つは、それは、一気にすべてを知るのではなく、少しずつであるということ。

パズルのように、一つ一つの出来事が次第に繋がり、見えなかった真相が見えてくるのです。

また、他のパターンにも気づきました。

それは、まるで円を描くように、近い所で繋がっていると思ったら、どんどん遠のいて、また、元に戻ってくること。

しかも、元に戻った位置は、以前よりも高い位置にいるのです。

「これは、どういう現象なのだろうか…。」

そう疑問に思っていたら、突然、脳裏に、回転しながら上昇する金色の螺旋が見えました。

「そうか、螺旋状に上昇していってるんだ!」

一瞬にして、腑に落ちました。

一連の気づきは、螺旋状に繋がりながら上昇しているのです。

「もしかしたら、この螺旋を上昇し続け、たどり着いた所が、悟りなのではないだろうか。」

ふと、そんな気がして、仏教の悟りについて調べてみると、やはり、予想は的中。

悟りへの階段は52段あり、その階段は螺旋階段だと言うことを知りました。

「しかし、なぜ、私が、悟りの螺旋階段を上っているのだろう?」

仏教の修行をしていたわけでもないし、疑問ですよね。

そして、ふと、思い浮かんだのが、アセンション(次元上昇)です。

この過程が気づきの螺旋であり、その行き先が悟りであり、アセンションなのでしょう。

今、地球は、次元上昇に向け、波動を上昇させています。

それに合わせ、人間も波動上昇が迫られています。

次元上昇される方は、遅かれ早かれ、悟りの階段に上ることになるのではないでしょうか。

そのためには、偶然を偶然として見逃さないことが大切です。

また、日々の暮らしの中に、気づきを得ましょう。

現実は、あなたの心の映し鏡です。良いことも悪いことも、あなたの心を投影したものです。

その出来事は、何を意味しているのか、そういう視点で物事を見てみましょう。

その際、常識、思い込み、経験など、あらゆる枠を外し、幅広い視点で見てみましょう。

私は、気づきを得たり、悟りを開くのに、特別な修行は必要ないと思います。

人生自体が、修行みたいなものですからね。

何かしないといけないならば、様々な経験を通し、『本当の自分を知る』こと。

そして、『本当の自分である』ことです。

一人一人が本当の自分に戻り、パズルピースのように、互いの過不足を補いながら、繋がった時に、喜びに溢れた平和な世界が現れるのでしょう。

最近、様々な出来事に繋がりを感じる。

そう感じた時に、このことを思い出していただければ幸いです。