退職判断

仕事を辞めたくなることって、ありますよね。

でも、「次の仕事が見つかる保証はないし…」「転職しても、今より良くなるとは限らないし…」「自分の好きなことを仕事にしても、生計が成り立つとは限らないし…」と、結局、我慢。

そんな人も多いのではないでしょうか。

そういう私も、会社員時代、何度も仕事を辞めたい衝動にかられました。
そして、ついに限界まで達し、退職。

今、思えば、もう少し早く、会社を辞めてもよかったのではないかとも思います。
でも、決断するには、なかなか勇気が入りますよね。

自分の経験を踏まえ、仕事を辞めたいけど、決断できない・勇気がないと、悩んでいる方のために、「仕事を辞めるべきか判断する方法」を紹介したします。

人生のターニングポイントを見極め、後悔のない人生の選択ができるように、少しでも、お手伝いできたらと思います。

仕事を辞めるべきか判断する方法

仕事を辞めたい男性

では、仕事を辞めるべきか判断する方法をご紹介します。

下記5つの状況に一つでも該当する場合は、辞めることを前向きに考えてはいかがでしょうか。

逆に、一つも該当しない場合は、もう少し、様子を見た方がよいかもしれません。

決断するための判断基準として使用していただければと思います。

1.長期間に渡り、体調を崩している

仕事を辞めるべきか判断する、一つ目の状況は、『長期間に渡り、体調を崩している』です。

精神的な病も含め、長期間、体調を崩している方、あなたの心は悲鳴を上げていませんか?
我慢しすぎると、体調に出てきます。それは、あなたにSOSを知らせているのです。

生活環境、生活習慣、考え方、人に対する態度、仕事に対する姿勢など、あなたに何かを見直す必要性を知らせているのです

あなたには、何か見直すことはありませんか?いろいろな視点で、点検してみましょう。

何を見直すと、自分は幸せになりますか?気持ちが安らぎますか?

一番しっくりくるものが、仕事を辞めることなら、辞め時なのかもしれません。
これ以上、自分をつらい状況から解放してもいいのではありませんか。

2.今いる所で、したいこと・自分が生かせることがない

次なる辞めるべき状況は、『今いる所で、したいこと・自分が生かせることがない』です。

特に、「親の希望を叶えるために」、「他に就職先がなくて、仕方なく」など、自分の希望は二の次にして、会社や仕事を選んだ方は、人生の選択を見直した方がよいかもしれません

だからと言って、今すぐ仕事を辞めることは、おすすめしません。
まずは、自分が本当にしたいことは何かを見極めることが大切です。

そして、自分が本当にしたいことをするには、どうすればよいか、作戦を練りましょう。
いきなり実現するのが難しい場合は、それに近づくにはどうすればよいか、考えてみましょう。

考えている時に、心がワクワクするのなら、それが、あなたが進むべき道だと思います。

例え、それが失敗したとしても、チャレンジしないで後悔するよりは、チャレンジしてみて後悔した方がいいと思いませんか?そう思えるのなら、思い切りも必要です。

また、自分が希望する会社、仕事にも就き、これ以上、そこでしたいことがなくなった方は、もう卒業する時なのかもしれません

続けることが正しいことは限りません。今いる所以外に、他にしたい仕事がないか、それを実現するにはどうすればよいか、前向きに考えましょう。

そして、思い残すことはないのなら、潔く、そこから飛び立ちませんか。

3.職場の同僚が気が合わない人ばかりである

職場の同僚が気が合わない人ばかりである』というのも、仕事を辞めるべき状況の一つです。

職場には気が合わない人ばかりという人は、そこは、あなたの居場所ではないかもしれません

大きな組織なら、職場を異動することで環境を変えるのも一つの手段です。しかし、そういう選択肢がない場合は、会社など勤めている所を辞めることも考えた方がよいかもしれません。

特に、今までは、気の合う人がいたのに、バタバタと気の合う人達がいなくなった場合は、環境を変える時期に来ている可能性大です。

真面目に仕事をこなし、何も悪いこともしていないのに、悪者にされたり、不当な扱いされる場合は、辞めることを考えてもよいと思います。

きっと、あなたには、もっと、ふさわしい居場所があるのだと思いますよ。

4.居続けようとすると、ろくなことがない

居続けようとすると、ろくなことがない』というのも、仕事を辞めるべき状況と言えます。

会社を辞めたいけど、「自分の我慢が足りないだけかも」「辞めるのは不安」「どこも、こんなもんだろう」と、居続けようとすると、嫌な出来事が次々と起こる。

そんな時は、辞め時かと思います。

辞めるべき時に、あれこれ理由をつけて、居座り続けようとすると、天の計らいなのか、「いい加減、次に行きなさ~い」とばかりに、嫌なことが頻発し、強制退場をさせようとします。

そこは、もう、あなたのいるべき所ではありません。新しい人生を歩む時が来ているのです

心当たりのある方、退職を考えてはいかがでしょうか。

5.シンクロニティが頻発する

シンクロニティが頻発する』のも、仕事を辞めるべき判断基準と言えます。

人生の転機には、シンクロニティ(意味のある偶然の一致)が頻発します

例えば、仕事を辞めるか悩んでいる時に、テレビをつけた瞬間に、転職サイトのCMが流れたり、電車で、ふと目にした広告に「さぁ、新しい人生を」という文字が飛び込むといったことが続くのは、単なる偶然ではありません。

あなたは、そういったサインを見過ごしていませんか?
そういう時は、シンクロニティに素直に従った方が、幸せなことが待ち受けています。

また、「11」「777」「4444」といったゾロ目の数字や、同じ数字ばかり見るという時も、天使など、あなたを見守っている存在が、あなたにメッセージを送っています。

それは、『数霊』とか『エンジェル・ナンバー』と言われています。

数字の意味を調べて、自分へのメッセージを受けてみませんか?
専門の書籍があるので、手元に置いていれば、いつでも調べられて便利です。

意識すると、ますますメッセージが送られる頻度も高まります。
勇気や元気も得られますし、いつも見守ってもらえているという安心感も得られます。

【数霊に関する書籍】
【エンジェル・ナンバーに関する書籍】

いかがでしょうか。以上が、仕事を辞めるべきか判断する方法になります。

それでも判断できない場合は、自分自身に、聞くのが一番です。

「私は、ここで仕事を続けます。」「私は、仕事を辞めて、新しい人生を選択します。」と言ってみて、心にしっくりくる方が、あなたが望んでいることです。自分に正直になりましょう。

なお、ブラック企業の場合は、速攻、辞めましょう!
そんな会社に、あなたの大切な時間、人生を捧げる必要はありません。